FC2ブログ

スタンチューブが・・・大変です!

 2010-12-13
クルージングヨットの舵が重く、オートパイロットに負担が掛かるし、舵を切るのも大変!!
といったことで、とりあえず舵のコードランドを分解して原因を探していくと、・・・
スタンチューブがぼろぼろに腐食しているではありませんか!!舵スタンチューブ?

この周りでシオが固まったり、腐食したアルミが膨張してラダーシャフトを圧迫していたのが原因です。
外側のアルミが場所によってはほとんどなくなっているところもありました。恐ろしいことです。
もしこのまま腐食が進めば、浸水が始まり、浸水を止めようとホースバンドを締めるとアルミが割れてさらに
浸水がはげしくなって・・・エライ事です(海上で経験あります)

舵スタンチューブ
この違い!です。
セーリングヨットで舵のトラブルって海の上ではほとんどどうすることも出来ません。
スピンポールと床板を使ってエマージェンシーラダーを造ったことはありますが、そのときは幸い使うことなく
港にたどり着けました。

皆さん舵周り・・・ちゃんとチェックされてますか?
シーズンオフに点検、整備オススメします。もちろん当社にご依頼ください。よろしくお願いします。




スポンサーサイト



カテゴリ :未分類 トラックバック(0) コメント(-)
タグ :
トラックバック
トラックバックURL:

http://creationtannowa.blog63.fc2.com/tb.php/66-626c3e51

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫